雑記:語学学校のこと

留学してた時のこと書きながら思い出したついでに、カナダの留学事情見てみましょう。私が行ったのはイギリスですが、だいたい同じようなもんです。


カナダには、なかなか独特で、Collegeとゆうのが多くあるそうです。

Collegeには、公立や私立があり、また大学(University)の付属であったり、提携してるところもあるそうです。

Collegeとゆう単語を辞書で調べると、大学という意味もたぶん載ってるので、ややこしいですが、カナダの場合はちょっと違うようです。カナダではCollege自体には広く「学校」とゆう意味しかありません。

なお、日本では一般的に、「学士号」を授与できる学校を「大学」と呼びます。


語学を学びに留学する場合、以下のような分類になりそうです。レベル順に上から。

① University(大学)
いわゆる最高学府で、日本でいう大学。色んな分野の勉強ができる巨大なやつですね。ある分野を専門的にお勉強したあかしとして「学士号」が授与されます。これは国際的な基準です。語学を学ぶところではないので、当然、英語が出来なければ無理です。

② College University(大学付属語学学校)
カナダの大学はほとんどが公立なので、大学の付属Collegeも公立がほとんどになります。この場合、日本の短大に近いのかもしれませんね。
語学を学びながら大学の授業も一部受講できたり、大学への編入を目指します。

③ College(公立の語学学校)
公立とゆうこともあり、付属ではけれど、大学と提携していることが多いそうです。日本でゆう専門学校あたりでしょうか。
語学を学び、大学への入学準備や編入を目指します。当然、提携大学があるのは大学への編入や入学に優位でしょう。

④ College(私立の語学学校)
その他、職業訓練や色々な目的の人が勉強するCollegeもあり、これは日本の専門学校、または単に◯◯学院みたいな感じですかね。ECC英語学校とか、新宿あたりにある中国韓国人なんかがいっぱい通ってる日本語学校なんかのイメージでしょうか。
語学を学び、大学への入学準備や、他のCollegeへのステップアップを目指すものです。


いわゆる短期留学の場合、③④あたりが一般的なのだと思います。初心者からのカリキュラムが用意されているようです。また、現地の人でも母語以外を学ぶ場として機能しているようです。

留学斡旋業者を経由すると、④が多いんじゃないでしょうか。入学時のレベルも問われませんし、私立だと特に儲けのために留学生受け入れに積極的だからです。


日本から英語を習得しに留学する場合、③④の最上級コースか、②に入るべきだと思います。これより下は、おそらく日本の高校レベル以下なので、日本での自己学習で充分に学べるはずです。とゆうか、日本で勉強できない人は海外行ってもできるわけありません。お金が余分にかかるだけです。どうしても急な渡航が必要な人は別ですが。
しかし現地の方との交流や生活は、現地でしか体験できないので、海外生活体験を楽しみながら、英語の勉強するにはよいでしょう。


私がかつて留学した際は、②で少しだけ準備した後、①で勉強しました。
大学の授業はなかなかハードです。授業ごとに課題で本や資料を読み、レポートを書き、授業ではディスカッションが必要です。次の授業までに本一冊読んでこい、とか普通にあり、そんな授業がいくつもあるので泣きそうですね。日本大学も同じようなもんですので、海外から来てる留学生は大したもんです。


ちなみに、現地で就職し、就労ビザを得て、あるいは永住するには、現地の大学(①)を卒業してるとかなり有利ですね。これはどこの国でも同じでしょう。さらに希望の仕事に就くには、大学を良い成績で卒業する必要があるので、さらにハードルが上がります。


語学学校についてのまとめ、
以上です。

履歴書:海外へ、留学まで

外国に興味をもったのは、やっぱり音楽の影響でしょうか。父の影響でビートルズとか英語の歌を聴くのが好きでした。小学生でまだ英語習う前から、歌詞カードの英語をひたすら書き写して、どうやって発音するんだろうと興味シンシンでした。

おかげで、高校までずっと英語は得意科目でした。学校の定期テストや大学入試では、特別英語の猛勉強した覚えがありません。なにせ、英語は普段から猛勉強してたので、テスト対策は不要だったようです。

しかし、かなり貧乏だったので、大学へはそもそも行けるとも思ってませんでした。学校の勉強に嫌気がさしてたのもあり、進学はあまり興味なかったです。でも奨学金が受けられるという話があり、それならばと大学へ進学することにしました。

大学は外国学部の英米語学科の国際関係コースに決めました。英語を勉強するというより、外国の政治経済や歴史について学ぶとゆうコースです。実際、英語を教えてもらうという授業はほとんどなく、そのかわり政治経済や歴史の勉強の教科書が英語でした。よって英語は当然のように自分で勉強しなさい、とゆう感じです。ただし音声学(発音)の授業だけはありましたね。これはなかなか自力では難しいからでしょう。この音声学の先生がブリティッシュ英語専門だったので、私の英語も英国なまりがあるかもしれません。

この時期に本格的に外国カブれになったのだと思います。色んな国のことを見聞きしているうちに実際に行ってみたいと思うのは自然なことだと思います。英語も得意なので、試してみたいってのもあったかもしれません。事実、ほとんどのクラスメイトが暇を見つけては海外に飛びまくる人達でした。

海外にはあちこち行きました。大学4年間で二十数ヶ国行ったと思います。ほとんど一人旅でしたが、パキスタンだけはボランティア団体のメンバーとして行きました。クラスメイトの姉が医師で、誘われたのです。

パキスタンでは医師のサポート(血圧シュコシュコ測るとか簡単なの)や簡単な通訳、それから調査のお手伝いをしました。場所は、パキスタンとインドの紛争地帯で、後に逃亡中のウサマビンラディンが潜んでると噂になった山岳地帯です。世界で2番目に高い山、K2の麓です。
ちなみに現在は外国人は入るとこは出来ない危険地域に指定されているはずです。関係ないですが、ナウシカの「風の谷」のモデル地にほど近くて、あんな風景です。また後にタリバーンに日本人が拉致殺害された場所からも割と近いです。
今考えるとなかなかハードな地帯ですが、当時はあまり深く考えておりませんでした。若さゆえですね。

ここでは色々と貴重な体験をしました。冒険や刺激的というレベルではなく、まさに生き死にを見ました。詳細は機会があれば、別途お話したいところです。私自身も危ないこともありました。4、5才の可愛い盛りの子どもが、ウジ虫にまみれながら私の腕の中で息をひきとることもありました。冷たくなりつつある体をつたってヒョコヒョコとウジ虫が私の腕を登ってくる様は今でも忘れられません。大学3年生でちょうど20才の時です。

ここに来て、ようやく自分の怠惰な学生生活を反省しました。もっと勉強しなければと、ようやく思うようになりました。途上国のことを勉強するために、英国に行こうと思うようになります。ちなみに英国は旧植民地が多いので、途上国の研究が盛んに行われています。

ちょうど私の大学では交換留学生を募集しており、その中に英国の大学もありました。交換留学は日本の大学から海外の各大学へ1名ずつ派遣されるもので、学内で選抜試験や面接があります。

選抜が進むにつれて、カナダやオーストラリアの大学だと学費は大学が負担するとゆうおいしい話も何度か頂きましたが、面接で英国へ行かなければならない理由を力説し(もちろん英語で)、お断りしました。海外に留学したいとゆう夢より、しなければならないという使命感に近いものがありました。

あまりに熱く語る様が伝わったようで、外務省の留学奨学金に推薦がもらえる幸運もありました。これは私の大学では初めてで、対象は私の大学からの全留学生のうち私1名だったようです。ざっくり言うと、100万円ほどを無償で頂けるとこになったのです(!)。ラッキー。

長くなりましたので、今回はここまで。
以上です。

映画:『野火』

映画『野火』見ました。
ご存知、大岡昇平の小説の映画化です。

小説の方ははるか昔、確か中学生くらいの頃に読みました。凄まじい内容です。戦争そのものや、極限状態の人間心理について興味があれば、是非読んでみて下さい。

それで、映画の方はどうかというと、、、なんか、舞台見てる感じでした。ちょっと作りがチープとゆうか。

戦争モノなんで完全に再現するとすごくお金がかかるのは分かります。それにしても、見ててなんか映画としと入り込めない感じがありました。もしかして俳優さんが舞台俳優が多かったのですかね。大道具・小道具の環境面なのか、演技が舞台向けな感じなのか、原因は分かりませんが、これは映画とゆうより、舞台の延長ですね。もっとシンプルに本質の部分だけをうまく抽出し、舞台として練り直すとよいのかもしれません。

あとオープニングから説明がなく話が進みます。主人公の状況は徐々に分かってきますが、小説読んでないと、主人公の心情が分かるまで少し時間が必要です。いつの時代のどこの戦争なのか、説明してくれません。

それと、特に前半のロケ地、あれたぶん日本でしょう。場面によりますが、植物相が明らかに日本っぽかったです。少なくともフィリピンなどの東南アジアの熱帯ではない感じで、その辺に違和感感じるまくりです。私は東南アジアマニアなので、これだけで充分にギブアップ寸前でした。さらに銃器など小道具や、タイトルの野火の写し方なんか、色々どうかとゆうとこもありました…。なにせタイトルが野火なんで、野火の映像は一番大事な気がするのですがね。

映画としては、6点。うち3点は、テーマ自体の深さ(つまり原作小説の力)による加点です。なんで、映画としてはアラが多いですが、見る価値はあります。
そんなことより小説の方は必ず読みましょう。

以上です。

雑記:22日の日記

願いごとをひとつ、そのまま叶えてくれる妖精が、誰にも存在している。だが、自分の願ったことを思い出せるひとは、ごくわずかしかいない。それで、後年になって自分の人生を振り返ったときに、あの願いごとは叶えられたのだ、と分かるひともごくわずかしかないのだ。
ヴァルター・ベンヤミン


今日は昼からバンドリハ&新年会の予定だったのですが、なんか気が乗らなかったので、休みました〜。ベースが急に休むという暴挙にでたわけですが、ジャンルがジャズなので、ピアノがなんとかしてくれるでしょう、と勝手に期待して。

楽器の練習はいいのですが、その後の飲み会がねぇ。飲み会とゆうのはもともと苦手で、さらにこのバンドメンバーとなんとゆうか話の波長が合わないとゆうか、なんとなく音楽以外の話のは面白くないのですよ。みな大人でええ人なんですけどね。とゆうか、飲み会で楽しく話せる人なんて一握りですわ。内向的ですんません。

ちょっとした話のポイントが違うとゆうか、無理やり話題あわせて、なんとなくニコニコしてるの疲れるので。人見知りなんで、うまいこと合わせるのに疲れてしまいます。そないに友達でもない人とのフリートークって疲れるわな。

とゆうことで、今日の予定はキャンセルしましたので、昼ご飯をブラブラと食べに行くことにしました。

本日は「マガリー」とゆう、少し前に流行ったヤドカリ系なカレー屋さんです。有名なんかな?どうなんやろ。エビのカレーを頂きました。
f:id:cassini_mat:20170122210831j:plain

カレーはとても美味しかったです。しかし、結果的に1時間も外で待つことになり、もはやカレーでは満たされないほど、手足がキンキンに冷えてしまい。こんなに待つとは思わず、諦めるタイミングを見誤った次第です。

お腹は満たされたのですが、プラスマイナスでゆうとマイナスでしたね。また暖かい季節になったら行こうと思います。

その後、いつものドトールへ。
ドトールは好きなのですが、コーヒー作る音がうるさ過ぎる。ラテとかのミルクを温めて泡立てるスチームの使い方が下手すぎるんですね。誰か注意せんのかな。研修とかで習わんのかい。店内響くぐらいゴーゴーガーガー鳴りっぱなしやん。

スチーム(エスプレッソの機械に付いてる棒の先っちょから熱い蒸気がでる)をミルクに入れる時に、ちょっとしたコツがあって、ちゃんとやればあんなに音は鳴りません。そしてちゃんとやれば、キラキラのきめ細かいミルクになるのです。

つまり音がうるさいとゆうことは、ミルクの泡も汚いとゆうことです。ドトールに限らず、スタバでもどこでも、下手な人はいてますね。自分が注文した場合、ガーガー鳴りだしたら、「今日はハズレの店員やな」と残念な気分になります。

そんな日曜日。
以上です。

雑記:21日の日記

あなたは、あなたであればいい。
マザー・テレサ


今日は昼からバンドミーティングと、鍵盤(候補)の人とお話し。鍵盤が入れば、楽譜作成をお願いできるので非常に助かる。鍵盤は譜面に強い方がほとんどなので。


本日食べたもん。

酢豚定食。大阪駅ビルにて。
f:id:cassini_mat:20170121221843j:plain
酢豚かなり好きみたい。前に新大阪駅前にあった中華料理屋の酢豚が一番やったけど、大将が引退して、味変わってしまい。スブタ迷子です。次のレギュラー酢豚を探し、旅の途中です。


梅田の喫茶サンシャインのホットケーキ。ちゃんと二段目にもバター塗ってくれてる気遣い。バターがゆき届いてることの重要性、分かってらっしゃる。
f:id:cassini_mat:20170121221904j:plain
ホットケーキは、二段重ねの二段をまとめて食べるのではなく、一段目を食べてから、その次に下のを食べる派です。一枚ずつ食べるのです。下のにとりかかる頃にはシロップがよくしみてて、そこにさらにシロップかけて食べる。これがまたええのです。


夜は十三の246で知り合い懐メロバンドのスタジオライブ(?)を見に。ライブっちゅうか、ステージがある広めのスタジオって感じですね。スタジオ以上、ライブハウス未満。私の大好きな、紙風船の「冬が来る前に」も演奏してはりました。


晩御飯を買って帰ろうかと歩いてると、十三の商店街に美味しいお店を発見しましたよ。なんか、お惣菜やおにぎり、好きなのを自分で選べる画期的なお店です。
f:id:cassini_mat:20170121221937j:plain
肝心の弁当の写真撮るの忘れた。。。唐揚げ、おにぎり、エビチリ、その他諸々いきましたよ。


さらに十三といえば、
はい、喜八洲の団子ですね。
f:id:cassini_mat:20170121222020j:plain
ここのみたらし団子、大好物。5本入りを購入し、帰ってから5本いっきに食べたった。


そんな土曜日でした。大阪満喫。
やっぱり大阪やな。

以上です。

雑記:最近食べたもん

最近食べたもの。

肉ぶっかけうどん(1.5玉)。ごぼうと甘く煮た肉、卵、天かす、ネギ。梅田駅ビルのよく行くうどん屋さん。
f:id:cassini_mat:20170121011345j:plain

モスの、
ロースカツバーガーとモスチーズバーガー。
ポテト付けるよりもバーガー2つ、という選択。
f:id:cassini_mat:20170121011536j:plain

特大ロースカツ定食、ご飯大盛り。
ご飯が大盛りなので分かりにくいですが、結構大きいです。毎回食べた後には、次回は特大じゃなく普通サイズにしようと思うのですが、大盛りの衝動を抑えられません。
f:id:cassini_mat:20170121011938j:plain

肉っぽいものが多いです。
以上です。

音楽:ビルボードライブ

カウボーイ・ジャンキーズを聴きにビルボードライブ大阪へ行きましたよ。

知ってる?知りまへん。
バンドメンバーがチケット当たったとゆうので、知らないもん同士で行ってきました。しかもなかなか良い席でしたよ。一番前の方も空いてて、店員さんにどうぞと言われたのですが、さすがに知らんのに最前列は申し訳ないので、ちょっと後ろ席にしました。
f:id:cassini_mat:20170120080951j:plain

カナダはトロント出身のカントリー、フォーク、ブルースとかその辺りのジャンルです。YouTubeで予習した感じだと、あまりピンと来なかったですが、生演奏はやっぱりよかったですな。ウィスキーが進みます。

アンコールは同じくトロント出身のニール・ヤングの曲でしたね。歌詞間違えてたけど、それもご愛嬌。

なんだか思いがけずカナダな夜でした。

以上です。